春の湯布院へ〜温泉と街歩きをのんびり楽しむ旅〜

2020年4月17日

職場の仲間と、九州へ1泊2日の旅に出かけました。湯布院は初めての訪問です。温泉好きの星子に羨ましがられながら、いそいそと空路大分へ!

九州の旅というと春の穏やかな暖かさを想像していましたが、到着して風の冷たさに驚きました。なんでも湯布院は標高が高いため、東北の福島と同じような気候だとか。
それでも桜は七分まで咲き、菜の花は満開で、春らしい風景が広がっていましたよ!
遠くに由布岳を仰ぎ見つつ、人力車でのんびりと川沿いを行きました。

人力車の速度がちょうどよくて心地よかったです

その景観を守るために、由布院の街には信号がありません。だから人も車もみなゆっくりと進みます。時間もゆっくりと流れています。都会の喧騒を離れてのんびりしたい人にはぴったりの温泉地です。
乗り物好きの僕としては、湯布院名物「辻馬車」にも乗りたかったのですが、すでに予約がうまっていました。残念。次回のお楽しみ。

JR由布院駅から約4キロの道のりを60分かけて、パッカパッカと進みます

昼食には、人力車の車夫さんのおすすめで日本蕎麦屋さんへ。岩塩でいただく十割そばの味は格別。日本に生まれてよかった、と思う瞬間です。

薫り高いお蕎麦、ぜひもりそばで

このようなしっとりとしたお店だけでなく、表通りには素敵なカフェやかわいらしいショップもたくさん立ち並んでいて、食べ歩きやショッピングが楽しめます。「スヌーピー茶屋」やジブリショップ、アルプスの少女ハイジのお店などもあり、星子やトゥインクル、キラ坊が喜びそうだなあ…今度は家族で来よう!
新年度に向けてばっちりエネルギーチャージできました!

2019.4.3 スバル