【クッキング】栄養満点!赤しそジュースで家族みんな元気になろう♪

こんにちは、スバルです。
小さな畑で家庭菜園を楽しんでいます。
最近赤しそがたくさんできたので、簡単で栄養たっぷりの赤しそジュースを作ってみました。
ちょっとどんな味なのか心配だったのですが、とても美味しくて色もキレイで大満足♪
家族みんなで飲もうといっぱい作りましたよ!

赤しそ

効能

赤しそは梅干し作りの材料というイメージでしたが、今はその時期ではありません。

では何に使おうかとネットで調べてみたところ、赤しそジュースが簡単にできると知りました。

スバルは、簡単クッキングが大好きにゃ♪

すみれ
すみれ
スバル
スバル

しそには疲労回復、アレルギー症状の軽減、血液をサラサラにするなど、いろんな効果があるんだよ。

美肌効果もあるから星子も喜ぶね!

すみれ
すみれ

赤しその時期

赤しそが最も市場に出回る時期は、梅干しを作る6月中旬から7月中旬頃です。

スバル
スバル

自分で作れば、9月頃まで収穫することができるよ。
簡単に栽培できるので、庭などに植えるのもいいね!

赤しそジュース

材料

材料(約1リットル分)
赤しその葉 150g
水 900ml
砂糖 300〜500g
りんご酢 150〜200ml
(酢の代わりにクエン酸小さじ1でもOK)

スバル
スバル

材料は大体の目安です。好みで変えてください。

砂糖は三温糖を使いましたが、上白糖・グラニュー糖・氷砂糖でもOK!
私は甘さ控えめに砂糖300gで作りました。

砂糖が少ないとカビが発生しやすくなるんだって!気をつけてね。

酢は、さっぱりした飲み口になるりんご酢がおすすめ
しそ独特の味わいが苦手でも飲みやすくなるにゃ。

すみれ
すみれ

作り方

赤しそは枝から葉っぱを取り、水でよく洗います。

お鍋で水を沸騰させたら、葉っぱを投入
煮立つまで強火で煮ます。

煮立ったら中火にして約15分煮込みます。

スバル
スバル

殺菌をかねて、少し長めに煮込みましょう。
そうすることによって長期間保存ができるようになります。


火を止め葉っぱを取り除き砂糖を入れて溶けるまで再び煮ます。

ボールにザルなどで葉っぱをこしてからお鍋に戻すか、または別のお鍋でこすといいよ。
エキスをよくしぼり出してね

すみれ
すみれ

火を止めて粗熱を取り、りんご酢を入れて混ぜます。

スバル
スバル

酢を入れたら、色がパ〜ッと鮮やかな赤に変わるよ♪

完成!
キレイな色だにゃ〜♪

すみれ
すみれ

赤しそジュースの飲み方

赤しそジュースは冷やしてそのまま飲んだり、水で割ったりして楽しめます。
私のお気に入りは炭酸割り
4〜5倍の量の炭酸で割ると、しその風味もほんのり感じられて美味しい♪

スバル
スバル

レモンすだちなどを加えると酸味が増してなおいい!

実は、たまに日本酒も混ぜてま〜す。

炭酸は、もちろん宝塚生まれのウイルキンソンにゃ〜♥️
刺激強めの本格炭酸水です!

すみれ
すみれ

ウイルキンソンについては、こちらの記事を読んでね👇
【星子のおすすめ】炭酸水「ウイルキンソン」は宝塚生まれだった!!

すみれ
すみれ

保存

スバル
スバル

作った赤しそジュースは、密閉できる容器で冷蔵庫で保存しましょう。3ヶ月ほど保存できます。
容器は使う前に煮沸消毒してね。

星子は、そのままヨーグルトにかけてたにゃ。
いろいろアレンジできるね♪

すみれ
すみれ
スバル
スバル

赤しそジュースを飲んで免疫力を高め、家族みんなで元気に過ごしましょう!

2020.9.26