【京都の絶景】「長岡天満宮のキリシマツツジ」は燃えるような真紅色

2020年6月17日

フィッシュアイレンズ使用

毎年、4月半ばになると長岡天満宮のキリシマツツジの開花情報が気になってきます。
そろそろ、キリシマツツジが真紅の花を咲かせる頃かな。天気のいい日に写真を撮りに行かなくては!
と、天気予報とにらめっこです。

よく晴れた日には、真紅色に燃えるように咲き輝き、圧倒されますよ。
赤い色を見ていると、やる気が湧いてくるのは私だけ?毎回パワーチャージしています。

八条ヶ池

阪急京都線「長岡天神駅」から3分ほど歩くと、長岡天満宮の鳥居が見えてきます。
春には、鳥居を抜けると八条ヶ池の中堤を取り囲むようにキリシマツツジが咲き、その先にある長岡天満宮へと誘います。

八条ヶ池周辺は、四季を通じて桜や菖蒲・ハスなどの花が咲き、いつ行ってもフォトジェニックな写真が撮れるんですよ!
池の周りには遊歩道やベンチもあり、ゆったり散策するのがとても気持ちいい。

この美しくて開放感あふれる八条ヶ池周辺地区は、2013年に都市景観大賞の国土交通大臣賞を受賞しています。

たけのこも美味しい♩

ここ長岡京市はたけのこの産地でもあり、旬の時期になるといたるところに農家の直売所が出現します。
ちょうどキリシマツツジの咲く時期と重なるので、我が家はいつもお土産に買って帰ります。
朝採りの新鮮なたけのこは、香りも良くシャキッとして美味しいね!

SNSでもよく見かける、キリシマツツジと一緒に写真に撮られている八条ヶ池の南側にある料亭「錦水亭(きんすいてい)」では、たけのこ会席が食べられるそうですよ。
八条ヶ池の美しい景色を眺めながらの絶品料理♪ 一度行ってみたい。

すみれ
すみれ

ぐるなびで紹介されています。
>>錦水亭

フォトジェニックがあふれています!

キリシマツツジは、どこから見てもフォトジェニックなので、いろいろな角度から撮っています。
鳥居を入れるのも絵になるので、お気に入り。


夕暮れ時になってくると、参道のぼんぼりに灯りがともり出します
柔らかい光に照らされる姿も風情があって美しい。

キリシマツツジの見頃

キリシマツツジの見頃は、4月中旬から5月上旬頃。満開になるととても鮮やかです。
開花情報は、開花の時期になると長岡天満宮のHPで確認することができます。(下記参照)
南面・北面で開花時期が違って来ますよ。ぜひ確認をしてくださいね。

新緑に包まれる長岡天満宮


この時期、長岡天満宮は新緑に包まれ、爽やかな風が吹き抜けます。
自然豊かな神社での参拝、心が洗われるようです。

燃える真紅のキリシマツツジと眩しい新緑、これは写真欲が止まりませんね!

2019.4.23 スバル

長岡京市周辺 グルメ・食事・レストラン 情報

長岡天満宮
京都府長岡京市天神2丁目15-13
http://www.nagaokatenmangu.or.jp/index.php