【京都】かわいいがいっぱい♪たっぷり1日遊べる「京都水族館」

2020年4月17日

私たち家族は海や自然が大好き。今回は都会の真ん中で海を味わえる「京都水族館」をたっぷり楽しみましたよ♪ イルカパフォーマンス、ごはんタイム、夜の水族館、思い出いっぱいできました。

アクセスも便利になりました


梅小路公園内にある京都水族館。2019年3月にJR「梅小路京都西」駅が新しく開業しアクセスしやすくなったこともあって、早速夏休みにおでかけしました。

あらかじめHPでパフォーマンスなどのタイムスケジュールを見て、準備もバッチリ。パフォーマンスを見逃した!なんてことになったら、子どもたちにめっちゃ怒られますからね。

ゴマフアザラシ

チューブ状の水槽を行ったり来たりして、愛らしい姿を見せてくれるゴマフアザラシ
下からスイ〜っと現れるたびに「かわいい!」の歓声が。


こんなユニークな顔が撮れました!
「ぱっくんごはんタイム〜アザラシ〜」では、チューブ状の水槽の中で元気よくジャンプする姿も見せてくれました。

「京の海」大水槽

京都の海を再現した500tもの人工海水からなる「京の海」大水槽では、エイやサメ、大小さまざまな魚たちが優雅に泳ぐ姿を見られます。
マイワシの群れが塊になって変幻自在に姿を変え、光を浴びキラキラ光る光景はとても神秘的。

1Fと2Fから見ることができ、それぞれ違う景色を楽しめます。ここはとっても涼しいので、みんなでしばらく眺めていました。

スタッフさんの左上にいるのがマダラトビエイ

「さあ、ごはん!」ぐるぐる大水槽の時間になると、さっきまで優雅に泳いでいた魚たちの様子が一変!水槽に入ったスタッフさんにどんどん寄ってきてエサをねだります。
マダラトビエイはエサが欲しいと言うより、スタッフさんが大好きでまとわりついているみたい。一緒に遊んで楽しそう。

ペンギン


陸上でペタペタと歩く姿とは全く違って、軽快にビュンビュン泳ぐペンギンの姿は1Fで見られます。下から見るとペンギンが空を飛んでいるよう。


「さあ、ごはん!」わいわいペンギンでは、スタッフさんの見事なエサやりに圧倒されました。
それぞれあげるエサの量が違うのですが、50羽以上もいるペンギンを一瞬で見分け、魚を次々に与えていきます。食べ終わったペンギンもまだまだ寄ってくるので、大騒ぎです。
私には、みんな同じ模様に見えるのですが、それぞれ個性があるようですよ。
名前も「ほりかわ」や「くじょう」など京都の通り名にちなんだ名前が付けられており、子どもたちに受けていました♪

ペンギンの相関図なども展示してあるので、これを頭に入れてからペンギンたちの様子を見ると面白い。
他のエリアでも、スタッフさんの手書きによる、いきものの特徴などを書いたパネルがたくさんありました。いきもの愛が詰まっていますね♪

オットセイ


アザラシの隣の水槽で元気に泳ぎ回っているオットセイ。「さあ、ごはん!」ぎゅっぎゅっオットセイでは、私たちの目の前まで出てきておじぎをしたり、手を振ったりと芸を披露してくれました。スタッフさんとの息がぴったりでした。
※冬季は開催なし。詳細は公式ウェブサイトで確認してください。

ニシキアナゴ

ニシキアナゴ

ニシキアナゴやチンアナゴも、砂の中からにょきっと体を出し、ゆらゆら揺れる姿がなんともかわいい。30〜40cmの体長だそうですが、半分ほどは砂の中に隠れています。
「ぱっくんごはんタイム〜チンアナゴ〜」では、オキアミを食べようと必死に!たまに体が絡まったりしてほほえましいね。

癒されます

クラゲは海の中で見ると少し怖い存在なのに、水族館で見るとなんでこんなに美しいんでしょう。
透きとおった体が青や紫色に変化しながら、ふわふわ浮遊する姿は本当に幻想的。いつまでも見ていられます。


映画でおなじみのニモ(カクレクマノミ)やドリー(ナンヨウハギ)が泳ぐ「さんご礁のいきもの」エリアは、子どもたちに大人気。
カラフルな魚たちを見ていると、海に行きたくなった!

イルカ

背景にはビルや新幹線も見え、都会の水族館ならでは

水族館の花形でもあるイルカパフォーマンス。この日行われていたのは「La・La・Fin CIRCUS(ラ・ラ・フィン サーカス)」という、イルカスタジアムを舞台にしたストーリー仕立てのパフォーマンスでした。
音楽に合わせてイルカが鳴いたりジャンプをしたり、会場も手拍子をして大盛り上がり。


イルカパフォーマンスが終わると、2019年夏限定のアトラクションプログラム「BASSHAAAAN!!(バッシャーン‼︎)」
イルカに水を浴びせられたり、ホースやバケツで思いっきり水をかけられます。ずぶぬれになりますが、暑い夏は気持ちいい!参加する場合は着替えや水着を忘れずにね。

パンやスイーツもかわいい

食事やスイーツも水族館らしいものがいっぱい。
ぜひ食べたかったのがすいぞくパン。カメやイルカの形でかわいいね。アザラシの水槽前にあるかいじゅうカフェで販売されています。

夏のデザートにぴったりのドルフィンハロハロ。果実とアイスにイルカのクッキーがトッピング。スタジアムカフェで買えます。

レモンのソーダにはイルカのマドラーがついていて、どうしても欲しくなりました。
他にも、ブルーハワイのソーダにはペンギン、グリーンアップルのソーダにはオオサンショウウオのマドラーがついています。それぞれ色も綺麗でインスタ映え!マドラーは持ち帰りできますよ♪


ハーベストカフェではスイーツやドリンク以外にも、九条ねぎのてっぱいチキンバーガーや京漬物ドッグなどの京都の食材を使ったメニューもあります。
でも、私がチョイスしたのはフライドポテトなどのスナックと、ビール!そろそろナイトタイムなので、ちょっと一息入れましょ。オオサンショウウオが座る席もあってハッピー気分♪(いない時もあります)

ここには淡水魚などのいきものも展示しています。タガメやゲンゴロウなどの珍しいいきものもいましたよ、必見です!

オオサンショウウオ

京都水族館と言えば、外せないのが世界最大級ともいわれている両生類のオオサンショウウオ。きもかわいい姿が人気です。
入口を入ってすぐの「京の川」エリアで出会えますよ。

夜のすいぞくかん


夏休み期間中など、営業時間が通常18時までのところ20時まで延長されます。
※詳しい営業時間は公式ウェブサイトで確認してください。
夜になるとランタンの貸し出しなども。子どもたちは昼間と違う雰囲気の水族館に大喜び。
「京の海」大水槽の前にはふわふわのラグも敷かれ、ゆったりとくつろげます。デートにもぴったりだなぁ。


本日のクライマックスは昼間も見た「La・La・Fin CIRCUS」。イルカパフォーマンスは何度でも見たい♪
夜はプールが華やかにライトで照らされ、イルカのジャンプもよりダイナミックに見え、また違う雰囲気になります。たまにイルカの後ろを走る新幹線のライトも演出のひとつかなと思ってしまいます。

夜まで楽しめます

GWや夏休み、秋の3連休、クリスマスなどは夜までたっぷり1日楽しめて、サイコー♪ 家族で、デートで、おでかけにぴったりです!インスタ映えもバッチリ!

2019.8.7 スバル

京都水族館
京都府京都市下京区観喜寺町35-1(梅小路公園内)
https://www.kyoto-aquarium.com