【京都】そば畑広がる亀岡で、絶品そばをいただきます!

2020年4月17日

2020年の大河ドラマの主役・明智光秀ゆかりの地でもある亀岡。これから注目の地域ですね。秋は、そばの花・コスモス・彼岸花などの花の絶景があふれています。白く可憐なそばの花はとてもフォトジェニック♪もちろんおそばも美味しくいただきました!

そば畑広がる犬甘野

私たちが最近よくお出かけする豊能町や能勢町に隣接する、京都の亀岡市。豊能町からもほど近い犬甘野(いぬかんの)は、田園やそば畑が広がるのどかな地域です。
車では、新名神高速道路・箕面とどろみICから国道423号線を経由して車で25分ほど。
国道423号沿いには、とよのコスモスの里もありますよ。

関連記事
→【花の絶景】のんびり過ごそう「とよのコスモスの里」


時期によっては、黄金色の稲穂と白いそばの花のコラボが見られます。
訪れた日はすでに刈り入れが始まっていましたが、一部で黄金色と白が織りなす絶景が見られました。

犬甘野風土館 季楽

そば畑の目の前には直売所「犬甘野風土館 季楽(きら)」があり、地元産の新鮮な野菜やお米などが販売されています。

店内ではそばもいただけます。標高400mの犬甘野地区は、昼夜の温暖差があり水もきれいため、美味しいそばができるそう。
そば粉8割の手打ちそばに惹かれ、がっつり大盛りをいただきました!
太めでしっかりした食感のそばは、噛みしめるほどに口の中に香りが広がり、最後のそば湯まで堪能できました。

かけそばをはじめ、おろしそばや月見そばなど種類も豊富
きつねそばのあげは、手作りでびっくりする分厚さ!味がよく染み込んでいて美味しい。
犬甘野で作られているお米「丹波産キヌヒカリ」は、食味ランキングで特Aを取っているほど良質なものだと聞いて、それはぜひ!と塩おにぎりをいただきました。冷たい湧き水で作られたお米はつやがあってほんのり甘く、そばとの相性もぴったりでした。

そばの販売もありました。もちろん買いましたよ♪

おにぎり・漬物・梅干しなどの手作り商品もたくさん並んでいます。
お店の人のおすすめはよもぎ餅(あん入り)。よもぎも大豆も全部地元のもので手作り。よもぎの香りたつ餅とちょうど良い甘さのあんが口の中でとろけて、これはクセになるうまさです♡

きら坊と同じ名前の「 季楽(きら)」は、小さいながら手作りの温かさがいっぱい詰まったお店でした。
そば打ち体験(要予約)もできますよ!

秋のお楽しみ

秋晴れの気持ちのいい日は、車を走らせ亀岡へドライブはいかがでしょうか♪近くには、コスモスや彼岸花の名所もあって、見どころがいっぱい。おすすめです!

そば畑の農道は、立ち入り禁止になっていますので気をつけてください。
この日私たちが道路から写真を撮っていると、親切な農家の方が「撮っていいよ」と許可をしてくださり、撮影ポイントまで教えてくださいました♪
ありがとうございます!

2019.9.25 スバル

犬甘野風土館 季楽
京都府亀岡市西別院町犬甘野樋ノ口1-2
☎︎ 0771-27-2300
営業時間:直売所 9:00〜17:00 店内飲食 10:00〜16:00
定休日:木曜日・年末年始 Pあり
http://www.inukanno.jp/kira/

京都府亀岡市の宿泊に関しては下記を参考にしてください。
【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!
世界最大の宿泊予約サイト、Booking.com