【家庭菜園】初めてのグリーンカーテンに挑戦!その2整枝と摘芯

2020年4月20日

こんにちは、星子です。
グリーンカーテンを作るために庭に植えたきゅうりにゴーヤ、少しずつ大きくなってきましたよ♪
美味しい実を育てるために、整枝や摘芯をします。
やり方は野菜によって違うので、間違えないようにしなくては!

きゅうりの整枝

親づる(中心のつる)がどんどん伸びてきました。
きゅうりは葉を伸ばしっぱなしにしていると、実に養分がたまりにくくなるので、つるが伸びてきたら整枝をする必要があります。
写真のように、株元から5節目までの葉と子づるを全てカットしましょう。

6節目にはもう小さなきゅうりができていますよ!

星子
星子

かわいいきゅうり
食べられるようになるのはいつかな?

ほっておいてもつるが伸びてきてネットに巻きついてきますが、風などでつるが傷まないように、親づるはところどころをヒモで固定してあげます。

星子
星子

草丈が1.5mほどになったら親づるを摘芯するのですが、それはまだ少し先になりそう。

ゴーヤの摘芯

ゴーヤの場合は、親づるより子づるや孫づるに実がたくさんできるそうなので、親づるを摘芯します。

星子
星子

本葉5〜6枚を残して、思いきって親づるをハサミでチョキンと切っちゃいましょう!

3〜4日で、残った葉の脇から芽が出てきました
これが子づるです。
こうやって子づるや孫づるがどんどん出てきて伸びて、グリーンカーテンになるんですね!

星子
星子

きゅうりのグリーンカーテンは背の低いものになりそうですが、ゴーヤはどんどん伸ばしてみようと思っています

今回使用した花と野菜の培養土は、しばらく追肥の必要がないようなので、育ち具合を見ながら今は水だけを与えています。

星子のグリーンカーテンは、まだまだこれからです。

2019.6.21 星子

関連記事
【家庭菜園】初めてのグリーンカーテンに挑戦!その1植え付け
【家庭菜園】初めてのグリーンカーテンに挑戦!その3きゅうりの手入れ