【奈良の絶景】藤原宮跡で菜の花と桜並木♪春爛漫コラボに感動!

2021年3月15日

こんにちは、スバルです。
吉野山や奈良公園など桜の名所がたくさんある奈良は、それぞれ全く違う光景が見られるバラエティ豊かな地域なんですよ♪
今回は、ゆったり花見ができる藤原宮跡(ふじわらきゅうせき)の花絶景を紹介します。

藤原宮跡の絶景

桜並木と菜の花畑のコラボ

目も覚めるような一面黄色の菜の花、そして淡いピンクの桜。このコラボは春の最強コンビかもしれません。
春爛漫があふれていて、気持ちが華やぎませんか?

藤原宮跡では、例年3月下旬ごろ~4月上旬にかけて見頃を迎え、約25,000平方メートルの広場に250万本もの菜の花が咲き渡ります。

甲子園球場の約2倍の広さなんだよ!

すみれ
すみれ

藤原宮跡

畝傍山(うねびやま)

694年から710年までの16年間、今の橿原市と明日香村にまたがる地域に藤原京という都があり、藤原宮はその中心地でした。

藤原宮跡から眺める大和三山(畝傍山・耳成山・香具山)の稜線の眺めはひときわ美しく、「重要眺望景観」にも指定されています。

四季折々の花で彩られます

耳成山(みみなしやま)

藤原宮跡には、5つの花のゾーンがあります
春ゾーンには菜の花、夏ゾーンにはキバナコスモス、蓮ゾーンには蓮、秋ゾーンには7種類のコスモスが。
そして朝堂院東ゾーンには春から秋にかけて各季節の花(春は菜の花・夏はキバナコスモス・秋はコスモス)が咲き誇ります。

スバル
スバル

どのお花畑も、背景に壮大な景色が広がっていて
フォトジェニック♪

藤原宮跡へのアクセス

藤原宮跡へは、JR万葉まほろば線「畝傍駅」、または近鉄橿原線「畝傍御陵前駅」・大阪線「耳成駅」から徒歩30分ほどです。
近鉄大阪線「大和八木駅」からはコミュニティバスも運行されていますので、公式HPなどで確認してください。

悠久の歴史を思いながらゆったり散策、いいにゃ!

すみれ
すみれ

のどかな風景に、心が穏やかになりました。ゆっくり楽しんでくださいね♪
※写真は2019年4月6日に撮影しました。

引用:橿原市役所/2021.3.9

◇2021年(令和3年)春季の菜の花の植栽をしています。
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大防止のため、緊急事態宣言発令地域からのご来訪はご遠慮ください。
何とぞご理解とご協力のほどお願い申し上げます。

◇新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大防止のため、宮跡内での飲食はご遠慮いただきますようお願いいたします。

引用:橿原市役所/2021.3,9

藤原宮跡
奈良県橿原市醍醐町
HP https://www.city.kashihara.nara.jp(橿原市HP)
※藤原宮跡の花の開花情報などもこちらで確認してください。

>>橿原市 ランチ おすすめ情報

2020.3.26 スバル


[ 高野街道名産 柿の葉寿司 ] 柿の葉すし(鯖・鮭)18個入