お得にお買い物しながら、食品ロスについて考えよう!

星子
星子

最近『食品ロス』とか『フードロス』って言葉をよく聞かない?

まだ食べられる食べ物を捨てちゃうことだよにゃ。
もったいなすぎるにゃ!

すみれ
すみれ

食品ロスを減らす取り組み

こんにちは!星子です。
食品ロスを少しでも減らすためには、「賞味期限」が切れてもまだ食べられるものを簡単に廃棄しないことが大切ですね。
賞味期限とは、消費期限と違い、品質が変わらず美味しく食べられる期限のこと。
日本では、期限までまだ1か月近くあるもにもかかわらず、間近だからという理由で廃棄されているものがあります。
また、賞味期限が切れていなくても、周りの箱が破損したもの、印刷を間違えてしまったものなど、中身に影響のないものも捨てられています。
そういう、ちょっと訳ありだけど、まだまだ食べられるものを集めたお店が、尼崎の塚口にあるって知ってました?

食品ロス削減ショップ ecoeat(エコイート)

ecoeat(エコイート)阪急塚口店さんは、塚口駅から徒歩5分ほどの落ち着いた場所にあります。
お店の中にはドリンクやお菓子、冷凍食品や健康食品などが、所狭しと並んでいて、え?これが全て捨てられる物なの?と驚いてしまいました。

値段を見て二度めのびっくり!訳ありなことは知っていましたが、とってもお買い得じゃないですか!
人によって考え方は様々ですが、私は自分の目と耳と鼻と舌を信じて、少しぐらい賞味期限が切れていても平気です。

値札に賞味期限が書かれているので、購入の判断材料にできます。

たくさん購入しましたが、これ全部で759円です!
安くてたくさん買いたくなっちゃいますが、食べきれない量を買っても意味がないので、こまめに寄って、自分に合ったお買い得品を見つけるのがいいですね!

むだなくおいしくいただこう!

購入したレトルト食品や冷凍食品、缶詰を無駄にせず食事に上手に取り入れるために、こんな本が参考になりますよ。

食品ロスについてきちんと知りたい

食品ロスについては、農林水産省のホームページや書籍でお勉強しましょう。

日本人一人当たりの年間食品ロス量は約48kgで、一人当たり毎日お茶碗1杯分のご飯を捨てているのと同じだって書かれていてびっくり!
(出典:農林水産省ホームページ「食品ロス」とは

うちは、4人家族だから、毎日お茶碗4杯分?
そんなに捨ててるのかにゃ!?

すみれ
すみれ
星子
星子

食事はできるだけ残さないようにしているけれど、お買い物する時に、なんとなく奥のものを取ったり、箱がへしゃげてるものを避けたりしてるかも。
普段なにげなくしているこんな行動も、食品ロスの考え方からはよくないことね。

食品ロスを減らしていくためには ひとりひとりの意識改革が必要。
まずは私から変わっていきたいです。
2020.12.18 星子

ecoeat 阪急塚口店
兵庫県尼崎市南塚口町6丁目4-12-A号
https://www.mottainai-shokuhin-center.org/store/

アクセス
🚃で→JR塚口駅徒歩17分阪急塚口駅徒歩11分
🚗で→五号橋線南塚口一丁目左折または県道13号尼崎池田線(産業道路)ピッコロシアター南右折 Pなし(近隣にコインPあり)