【クッキング】沖縄産の黒糖と泡盛でラフテー作り♪気分は沖縄

こんにちは、スバルです。
大好きな沖縄になかなか行くことができないので、気分だけでも味わおうとラフテーを作ってみました♪
もちろん沖縄産黒糖と泡盛を使って、本場の味に挑戦です。

沖縄の黒糖

古宇利島産の手作り黒糖

まずは、ラフテーに使用する黒糖を紹介したいと思います。

沖縄から橋で渡れる離島 古宇利島(こうりじま)で、物産センターのお店の方にすすめられて買った「さ〜た〜屋」の手作りの黒糖
これが本当に美味しいのです。

スバル
スバル

旬の刈りたてのサトウキビしか使わないので、えぐみが少なくて美味しいと評判♪
サトウキビの旬は、11月から5月なんだって。

古宇利島物産センターは、古宇利大橋を渡ってすぐ。

すみれ
すみれ
スバル
スバル

粒タイプを買ったんだけど、簡単にとけて料理にも使いやすくて便利なんだ。
他にも固形タイプもあったよ。

古宇利島

沖縄本島から古宇利島へは、エメラルドグリーンの海を眺めながら全長1960mの古宇利大橋をドライブ!
なんと通行料は無料♪

SNSでも人気のスポット♪

すみれ
すみれ
スバル
スバル

古宇利島は恋の島と言われています。
「こうりじま」の語源も「恋島(くいじま)」なんだそう。


秘密の沖縄スポットガイド

スバル
スバル

2つの岩を重ねるとハートに見えるハート岩は、特に人気。

昔、が出てたCMで見たことあるにゃ!
ティーヌ浜にあるんだって。

すみれ
すみれ
スバル
スバル

そんなロマンチックな古宇利島黒糖で、ラフテーを作ってみました♪

古宇利島
沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利
HP 沖縄観光情報WEBサイト おきなわ物語/古宇利島/ティーヌ浜/トケイ浜

ラフテーの作り方

材料(2〜3人分)

○豚バラ肉 400g
○長ネギ(青い部分) 1本
○生姜 1かけ
○ゆで用水 4カップ
煮汁の材料
○豚肉のゆで汁 約1カップ
○泡盛 1/2カップ
○黒糖 大さじ4
○しょう油 大さじ4 
○かつおダシ 小さじ1

お好みでゆで卵も♪

黒糖は普通の砂糖、泡盛は日本酒で代用できるけど、黒糖泡盛だとより沖縄風になるにゃ。

すみれ
すみれ

作り方

1️⃣ 鍋に水4カップを入れて沸騰させます。
そこに、豚バラ肉、長ネギの青い部分、皮のままスライスした生姜を入れて再び沸騰させます。

スバル
スバル

水は肉が完全に浸るくらいの量で。
鍋の大きさに合わせて調整してください。

2️⃣ 沸騰したら中〜弱火にしてアクを取りながら1時間ほどゆでて、火を止めます。

3️⃣ そのまま常温であら熱をとり、その後冷蔵庫に入れて油が固まるまで冷やします。
固まった油(ラード)を取りだし、おいておきます。

スバル
スバル

冷やすことによって、煮汁にでた肉のうま味がしみ込みます
油(ラード)も取りだしやすくなるよ。

4️⃣ 豚肉は4,5cm角にカットし、残ったゆで汁もとっておきます。

5️⃣ 3️⃣の油(ラード)を少しフライパンで熱し、豚肉の皮の部分をこんがりするまで焼きましょう。

スバル
スバル

残った油(ラード)は、他の料理に使ってね。

6️⃣ 鍋に煮汁の材料を混ぜあわせます。
そこに豚肉を入れ落しぶたをして中〜弱火で30分ほど煮込みます。
豚肉が煮汁に浸るくらいになるように4️⃣のゆで汁で調整してください。

7️⃣ ゆで卵を入れる場合は、ここで投入。

10分ほど煮込めば、味がしみ込んで美味しいにゃ♪

すみれ
すみれ
スバル
スバル

ほろほろに柔らかくなったラフテーの出来上がり!

ラフテーは、やっぱり沖縄産の黒糖と泡盛で作るのがサイコー!

すみれ
すみれ

オリオンビールで乾杯♪

あ〜沖縄に行きたいなぁ・・・

お取り寄せ

小粒タイプ

沖縄まで買いに行けないという方は、ネット販売でも買うことができます。


【沖縄から発送】古宇利島産 手作り 純黒糖 200g 【沖縄】【サトウキビ】【黒糖】【純黒糖】【黒砂糖】【健康食品】【お土産】【お茶菓子】


泡盛 松藤 プレミアムブレンド 30度 一升瓶 準グランプリ

スバル
スバル

お皿も沖縄で購入したやむちん(沖縄の言葉で焼物)を使って、沖縄気分に♪
素朴な感じがお気に入りです。


やちむん (沖縄陶器) 中城窯 取皿 点打 取皿 4.5寸皿 | 丸取皿 おしゃれ 琉球焼 (飴+コバルト)

しばらくは、沖縄のガイドブックを見ながら、ラフテーをあてにオリオンビールを飲んで楽しむんだにゃ。

すみれ
すみれ
スバル
スバル

は〜い♪

2021.6.22 スバル