【工場見学】コカ・コーラ ボトラーズジャパン京都工場でタイムトラベル!

2020年4月17日

こんにちは!星子です。私たち家族も大好きなコカ・コーラ。1886年にアメリカのアトランタで生まれてから世界中で愛され続けていますね。
その人気の秘密を京都工場で探ってきましたよ!
コカ・コーラの工場見学は休日などはなかなか予約ができないほど大人気。子どもも楽しめるような工夫がいっぱいありました。

豊かな自然に囲まれたコカ・コーラ工場

宝塚から高速で1時間弱。京都の西部、「久御山町」というところにあるコカ・コーラボトラーズジャパン京都工場。木津川の豊かな流れと山々に囲まれた場所にあります。

いきなり目に入ったのがコカ・コーラの缶を横に倒したような建物! 県学への期待が膨らみます。

赤い看板が目を引きます

見学は完全入れ替え制。早めに着いたので、玄関前でしばし待ちます。そこには、インスタ映えするオブジェなどがたくさんあって飽きません。
また、BGMには歴代のCMソングが流れていて思わず口ずさんでしまいます。「イエース コーク イエース♪」懐かしいなあ!

大人がすっぽり入る大きなポーラーベア
おしゃれなVESPA  

いよいよ入場!

受付を済ませて建物の2階ウエルカムゾーンへ。ガイドツアーが始まるまで、ドリンクコーナーでソフトドリンクをいただきます。なんと飲み放題!コカコーラはもちろん、ジュース、コーヒーなどがあり、ついつい飲み過ぎてしまいそうになりますが、見学中はトイレに行けないので、ほどほどにします。終わってからも飲めますしね。

豆を挽きたてのジョージアホットコーヒーもあります
紙コップもなにげにかわいい

見学ツアースタート

PRキャラクターのエコラちゃん

まず、「スタディゾーン]へ。約10分間、コカ・コーラのの歴史や製造工程をお勉強。3Dメガネをかけて立体映像で見ることができるので、楽しくてわかりやすいですよ。
コカ・コーラは保存料や合成香料を一切使わずに作られているんですね!
久御山町の歴史や名所も紹介してくれるので、帰りに立ち寄るスポットを知ることができます。

タイムトンネルへ

シアターを出ると次はタイムトンネルへ。コカ・コーラの長い歴史をビン、缶、やポスターなどで知ることができます。
小さいころによく飲んだジュースが展示されていて思わずはしゃいでしまいました。

ロゴのデザインは継承されています

いよいよ製造ラインを見学

入場前に外から見えていた大きなコカ・コーラの缶。それが製造ラインの見学場所でした!コーラの中に入ってるみたいでなんだかわくわく。
ここ京都工場では、缶コーヒージョージアの製造ラインを見学することができます。まず、クイズに答えながら製造工程のポイントをおさらい。
1分間に約1600本もの製品を作りだす工場は、ほぼ無人、オートメーションです。安心安全への配慮が徹底されていて、ここにも長い間世界中で飲み続けられる秘密がありました。

チャレンジゾーンへ

最後にアメリカの町のようなゾーンへ。ここではタブレットで挑戦できるクイズやボールプールなどがあり、子どもたちが楽しんでいました。簡単なクイズとアンケートに答えると毎月プレゼントが当たるという抽選に応募することもできますよ。私ももちろん応募しました!当たるかな~ドキドキ!

古き良き時代のアメリカを感じます
ボールの種類によって行き先が変わりますよ

グッズもかわいい!

見学が終わると、ドリンクコーナーでコカ・コーラなどをいただくこともできますが、私は1階のグッズ販売コーナーへ!
来たときからずっと気になってたんです。 タオル、文房具など コカ・コーラグッズの数々。 ここでしか買えない限定品もあり、目移りします。
コカ・コーラの赤い色を見ているとなぜか元気が出ますね。

京都デザインの缶、お土産にぴったり!
スタンプラリーもありました

見学は全部で約90分です。
アクセス、予約の方法などの詳細はホームページで確認してくださいね。
2019.10.28  星子

コカ・コーラボトラーズジャパン京都工場
〒613-0036 京都府久世郡久御⼭町⽥井新荒⾒128

https://www.ccbji.co.jp/plant/kyoto/about.php